愛に飢えた女の末路

(つづき)

 

気づいたらもう、

2人とも

惜しみながら少しずつ飲んでいたお酒を

ぐびっと一気に飲み干していて

 

わたしの左手が

男の右手に包まれて

引かれていた

 

休憩する?こんなにも

取って付けたような軽い言葉

久しぶりに聞いたきがする。

風に吹かれて飛んで行きそうな

軽々しい男と

安っぽくデコレーションされた

室内はどこか似ていた

 

部屋を後にするときは

もう何の気持ちも起こらずにいた

もういいやの諦めの気持ち

 

これがわたしの恋愛なんだって

思おうとしてた。